情報

ASEANへの進出法務、アジアでの不動産取引の法務サポートの仕事を行っている日本人弁護士が最新情報をお伝えします

カンボジアは日曜日から1年の代表的行事である水祭りが始まります。労働省からは水祭り休暇に関する告示(322号)が出ていますので、以下、紹介します。

− 使用者は、水祭り休暇として13、14、15、16日を休日とするよう求める(但し、16日は13日(日)の振替休日)。

− 使用者は、水祭り期間中に業務を中断することができない場合であっても、労働者に水祭り期間中に任意で働いてもらえるよう交渉しなければならない。

− 労働者は、水祭り休暇中に任意に労働する場合、通常の賃金と同額の手当を受けることができる。