情報

ASEANへの進出法務、アジアでの不動産取引の法務サポートの仕事を行っている日本人弁護士が最新情報をお伝えします

本年9月29日付で2017年度の最低賃金に関する労働省令が公布されましたので、以下、内容を紹介・解説します。

・2017年度の縫製・製靴業における労働者の最低賃金は月額153ドル(試用期間中については月額148ドル)とする(第2条)。
この点、労働仲裁判断によれば、上記最低賃金額に関する規制は他業種にも準用されます。

・その他の手当はこれまで通りとする(第3条)。

・本最低賃金に関する規制は、2017年1月1日から有効となるものとする(第4条)。

・本省令の内容に違背する法規は無効とする(第5条)。

上記の通り、2017年度の最低賃金は本年度の月額140ドルから約9.3%上昇し、月額153ドルとなりました。この額は、ベトナムのゾーン1(ハノイ、ホーチミン近郊のエリア)における2017年度の最低賃金である月額約168ドルよりも10%程度低い金額になります。