情報

ASEANへの進出法務、アジアでの不動産取引の法務サポートの仕事を行っている日本人弁護士が最新情報をお伝えします

のアーカイブ

閣僚評議会から2017年度の祝日が発表されました。
2017年度の祝日は27日間と予定されています。
5月14日はシハモニ国王誕生日と王室始耕祭で祝日が重なる形となっていますが、現在のところ、振替等に関する取扱いについては明らかになっていません。

1月1日 インターナショナルニューイヤー
1月7日 ポル・ポト政権からの開放日
2月11日 万仏節
3月8日 国際女性の人権の日
4月14日、15日、16日 クメール正月
5月1日 メーデー
5月10日 仏誕節
5月13日、14日、15日 シハモニ国王誕生日
5月14日 王室始耕祭
6月1日 国際子どもの日
6月18日 モニーク前王妃誕生日
9月19日、20日、21日 プチュン・バン(お盆)
9月24日 憲法記念日
10月15日 シハヌーク前国王追悼日
10月23日 パリ和平協定締結記念日
10月29日 シハモニ国王戴冠記念日
11月2日、3日、4日 水祭り
11月9日 独立記念日
12月10日 国際人権の日

本年9月29日付で2017年度の最低賃金に関する労働省令が公布されましたので、以下、内容を紹介・解説します。

・2017年度の縫製・製靴業における労働者の最低賃金は月額153ドル(試用期間中については月額148ドル)とする(第2条)。
この点、労働仲裁判断によれば、上記最低賃金額に関する規制は他業種にも準用されます。

・その他の手当はこれまで通りとする(第3条)。

・本最低賃金に関する規制は、2017年1月1日から有効となるものとする(第4条)。

・本省令の内容に違背する法規は無効とする(第5条)。

上記の通り、2017年度の最低賃金は本年度の月額140ドルから約9.3%上昇し、月額153ドルとなりました。この額は、ベトナムのゾーン1(ハノイ、ホーチミン近郊のエリア)における2017年度の最低賃金である月額約168ドルよりも10%程度低い金額になります。