情報

ASEANへの進出法務、アジアでの不動産取引の法務サポートの仕事を行っている日本人弁護士が最新情報をお伝えします

のアーカイブ

プチュンベンが終わり、次は水祭りが来ます。

11月もお休みが多いのでカンボジアの年末は一瞬です。もうすぐ雨季も終わり、一番過ごしやすい時期が来るので楽しみです。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

今回のテーマは労働紛争の解決手続(組織内紛争処理手続・調停手続・仲裁手続)です。

1.紛争の種類

労働紛争は、集団的労働紛争個別的労働紛争に分けられます。
前者は、紛争の相手方が一団の労働者との間の紛争を言い、後者は個別の労働者との間の紛争を言います。

2.個別的労働紛争の場合

個別的労働紛争が当事者間で解決できない場合、紛争当事者は調停による解決を求めることができます。
この場合、当事者は労働監督官に調停の実施を求めることになります。

調停によっても解決しない場合又は調停によらない場合における紛争解決方法としては、(労働裁判所が未設置であるため、現在のところ民事裁判所に対する)訴訟提起が考えられます。

3.集団的労働紛争の場合

個別的労働紛争が当事者間で解決できない場合、調停以外の紛争解決方法を採用する旨の合意がない限り、次のステージとして、調停による紛争解決が図られることになります。

調停が不調に終わった場合には労働仲裁手続が採られることになります。

その他詳しくは、NNAさんでのカンボジア・ビジネス法19回連載(タイ版:本年4月8日付)で書かせて頂いていますので、詳しくは下記リンクをご参照下さい。

(カンボジア・ビジネス法講座 第19回 PDFファイル)

カンボジアでは今日から水曜日までお盆(カンボジア語でプチュンベンといいます)休みです。

カンボジアでは10月から突然休みが増えますのでご注意下さい。治安面でも危険性が増します。

10月からの休みは以下のとおりです。

10月
12日から16日まで 盆休み+前国王の命日
23日 カンボジア和平パリ国際会議の日
29日 国王戴冠記念日 

11月
9日 独立記念日
24日から26日まで 水祭り

12月
10日 世界人権デー

カンボジアにご旅行・ご出張を考えられている方は上記をご参照頂けますと幸いです。

本日10月8日、労働職業訓練省より、2016年度の最低賃金に関する省令(2015年409号)が出されましたので、取り急ぎ共有させて頂きます。
 
以下、同省令の日本語訳(非公式:弊所による日本語訳)になります。
 
第1条
2016年度の縫製業、被服業及び製靴業に従事する労働者の最低賃金として、労働管理局から提案された月額135ドルに5ドルを増額するものとする。
 
2016年度の縫製業、被服業及び製靴業に従事する労働者の最低賃金は、公的に月額140ドルとする。
 
第2条
第1項
試用期間中の労働者の賃金を月額135ドルとする。
試用期間後は月額140ドルとする。
 
第2項
出来高払いで支払いを受ける労働者は、実際の出来高に基づいて賃金を受け取るものとする。
出来高が前項に定める賃金の額を超える場合、労働者はその金額を受け取るものとする。
他方、出来高が前項に定める賃金の額を下回る場合は、試用期間中は月額135ドル、試用期間後は月額140ドルに満ちるまで、その額が増額されるものとする。
 
第3条
その他、労働者が受け取ってきた給付については、従来通りとする。
 
第4条
第2条に定める最低賃金については、2016年1月1日から実施されるものとする。
 
第5条
本省令に反する全ての条項は無効とする。
 
第6条 省略
 
以上のように、来年度の最低賃金は月額140ドル(試用期間中については135ドル)との労働省令が発布されました。
その旨取り急ぎ情報共有させて頂きます。
 
英語訳(非公式)   クメール語版(公式)

カンボジアでの労働許可制度に関する追加情報です。

現在カンボジアでは内務省と労働省による営業所への査察が実施されています。

同査察において、ワークパーミットが必要であるとされる対象は、「ビジネスビザ(通称Eビザ)」でカンボジアに入国されている方であるとの報告を受けています。

ご参考にされて下さい。

今日は、9月1日から2016年度の労働者割当申請が始まりましたので、外国人がカンボジアで労働する上で必要となるワークパーミットについて解説したいと思います。

1.労働者割当とは?

「労働者割り当て」という単語は聞き慣れないかもしれません。
しかし、これを申請しなければ、ワークパーミットを取得することができません。
重要な手続です。

労働法上、カンボジア人労働者数に対する外国人労働者数の割合が決められています。
ワークパーミットの前提として労働者割当制度を置くことによって、カンボジア人労働者と外国人労働者の人数を調整するという機能を果たしています。

*なお、外国人労働者の上限はカンボジア人労働者の“10%”とされています。

2.カンボジアにおける労働許可制度 

(1) ワークパーミットとは?

労働法上、「外国人は、労働担当省が発行する労働許可及び雇用カードを所持していない限り、労働することができない」とされています(カンボジアでは、一般的に上記「労働許可(証)」と「雇用カード」を併せたものがワークパーミットと呼ばれています)。

労働法は、ワークパーミットを持っていない限り「外国人は…労働することができない」とだけ定めています。ですので、原則として、労働期間の⻑さ・職種を問わず、カンボジアで働くためにはワークパーミットが必要となります。 

(2) 費用

ワークパーミットの申請の際には手続費用に加え、登録料100ドル/年の支払いが必要です。

*ワークパーミットを最初に取得する際に、最初にカンボジアに入国した年度から申請年度まで毎年100ドルの登録料の支払いを遡って要求される可能性があるため、注意が必要です。

(例)
2011年に旅行でカンボジアを訪れ、空港の入国カウンターでEビザ(ビジネスビザ)を取得してカンボジアに入国したAさんが2016年にカンボジアに赴任したという場合、2011年から2016年までの5年分500ドルの登録料を請求されるというのが現在の実務と認識しています。

(3) 申請期間

申請期間は例年、1月から3月末までの3ヶ月間です

(4) 罰則・取り締まりについて

外国人労働者の上限を超えて外国人を雇用する使用者は、罰金又は6日以上1ヶ月以下の禁錮刑を科される虞れがあります。

上記は使用者に対する罰則ですが、入管法上、ワークパーミットを持たずに労働している外国人は、強制退去の対象とされています。

上記に加えて、現在、ワークパーミットに関する内務省と労働省合同の取り締まり(査察)が実施されています。

このような現状を踏まえると、カンボジアでワークパーミットを所持せずに労働することに対するリスクは非常に大きいものと言えます。