情報

ASEANへの進出法務、アジアでの不動産取引の法務サポートの仕事を行っている日本人弁護士が最新情報をお伝えします

のアーカイブ

こんばんは!

一昨日、2泊4日(!)の強行旅程でカリフォルニアから帰ってきました(泣)

ほとんど楽しむ時間はありませんでしたが、ハンティントンビーチ(日本にはあまり馴染みがないかもしれませんが、ハワイからサーフィンが伝わったと言われる、サーフィンの聖地です。)は気候も景色も最高でした!

カリフォルニアの気候なのですが、9月半ばなのに30℃くらいと結構暑くて、ビーチでは水着美女が肌を焼く、素晴らしい景色が広がっています。

IMG 2469

ところ変わってカンボジア

8月くらいから雨季に入ると聞いていたのに、8月は全然雨が降らず(降ってもスコール程度)、かといって毎日最高気温32℃くらいで暑すぎずというかなり快適な気候でした。

しかし、9月に入ってようやっと雨季が到来しました!

最高気温は33〜34℃くらいなのですが、今はまーいにちシトシト雨が降ったり止んだりしています。

今日も香港から来られたお客様が、「香港は湿度がいつも80%以上で過ごしにくいけど、カンボジアは過ごしやすいですねー!」と言っておられましたが、

(何故か)日本の梅雨みたいにジメジメ蒸し暑くで不快、ということはありません。仰るとおり過ごしやすいです。

 

カリフォルニアからの帰りの飛行機からの田舎の方の景色は一面水田、というか大体水没していました笑
雨季はトンレサップ湖の面積が乾季の時の何倍にもなるそうです。 

これから10月末まで、暫くは雨季が続くみたいですので、初めての雨季を楽しみたいと思います。

Facebookを見ていると、ちらほら、「オレの夏が終わった」などといった(イカした)夏の終わり、秋の訪れを伝える投稿が見受けられるようになりました。

日本ではそんな季節なんですね!

こんな投稿を見ているとプノンペンに来て僅か3ヶ月ながら最早、四季がある日本が懐かしいです。

そう、東南アジアに位置するカンボジアには四季がありません(でも12月には一応20℃ぐらいになってカーディガンがいるような気候になるそうですよ)。

 

ガラッと話は変わり、今日は全くカンボジアには関係ないことを書きます。

実は、去年の秋辺りから、親友のI弁護士と一緒にニューヨーク在住の日本人を対象とした無料相続セミナーを行ってきました。

きっかけは、ニューヨークに住んでいるIくんのお姉さんから、「知り合いで親兄弟が亡くなり、相続が発生したけど、日本に弁護士の知り合いがいなくて困っている」、「結局何も貰えず損をした」という話を聞いたことです。

それ以降、去年の10月に第1回セミナー(Skypeを使ってのリモートセミナー)を、12月に第2回、今年3月に第3回セミナーをそれぞれニューヨークで行いました。

お話しを聞く度に、海外生活の難しさ(特に家族関係)を痛感しました!(><)

自分自身、ニューヨークに留学して海外で生活したということもあり、法律面で海外で生活している日本人に貢献できればという一念(+せっかく海外に来たのだから仕事で海外と繋がりたいという思い)で、この度、西原弁護士・杉浦弁護士という強力な先輩弁護士と共に海外在住邦人相続協会”(名前がいかつすぎますかね笑)を立ち上げるに至りました!

というわけで、来る9月11日から14日までの4日間連続でカリフォルニアにて無料相続セミナーを行ってきます!

カンボジアとはまーーったく関係ありませんが、またここでご報告させて下さい!

Brown Roasteryにて

SozokuSeminarAD